メニュー

全日制SGH浦高Topics年間行事定時制保護者の方へ卒業生の方へアクセス事務室より中学生の皆さんへ浦高アルバム学校自己評価・人事応募・報告書等教科書選定理由書・いじめ防止基本方針学校の活性化・特色化方針サイトポリシー

浦高ホームページ内検索

カウンタ

access4701487hit
 since 2012/04/01

リンク

各ページ内の記事・写真・その他著作物の無断転用を禁じます。
Copyright 2018 Urawa High School. All rights are reserved.
since2012.4 サイトポリシーはこちら


埼玉県立浦和高校 同窓会HP


 姉妹校 whitgift校(英国)
(ウィットギフト校HP)



スーパーグローバルハイスクール
公式ページ


ラグビー部事故受傷者を支える会
(同窓会HP内)

県公立高校へのリンク


埼玉県教育委員会




埼玉県生徒指導課


埼玉県総務課「学力の向上」ページ

 
地学部
コメント
私達地学部は普段は空や太陽の観測をしていますが、この観測は私達の代から始めたもので、これから観測を継続的に行い、データを集めていくつもりです。また、普通の観測以外にも、昨年の霜月には神奈川県城ヶ島への地質巡検。師走には小学生向けのプラネタリウムの上映。流星群の観測等、様々なことをしてきました。今年の夏の合宿では、雨という予報の中、ペルセウス座流星群の観測に成功。文化祭では、一年間のまとめとなる部誌「蒼天」を発行。恒例となりつつある鉱物の販売と合わせてこれを販売しました。さて、今後は、自作のプラネタリウムの投影機を作る予定です。
星の大きさによって、開ける穴の大きさを変えなければならず、投影したときに、丁度良い大きさでなければならないので、かなり難儀です。できるだけ早い完成を目指します。
 来年は、今年以上に活動を活発にしていきたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

 

日誌
地学部 活動報告 >> 記事詳細

2018/06/11

地学部 四校合同研究発表会・交流会に参加

Tweet ThisSend to Facebook | by:naoi
2018年6月10日(日)に,横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校を会場にして,
四校合同研究発表会・交流会が行われました。
きっかけは,3月に参加した日本天文学会ジュニアセッションで,
浦高地学部が行っているような分光観測をしている学校がいくつかありました。
分光観測は,高校生にとってはちょっと敷居の高い研究方法で,
生徒どうし・顧問どうしの情報交換の場があるといいねということになり,
今回のイベント開催につながりました。
参加したのは,横浜市立サイエンスフロンティア高等学校,横浜市立桜丘高等学校,
埼玉県立浦和西高等学校,そして浦高の四校です。
午前中,各部活動紹介の後,口頭での研究発表を行いました。
浦高からは,「地球大気の吸収と散乱」,「浦高のプラネタリウム」,
「勝てる機体を作る〜浦高地学部ロケット班〜」の3つを発表しました。
昼食後,横浜サイエンスフロンティア高校の施設を見学させて頂きました。
この学校は全クラス理数科で,地学分野に限らず研究施設がとにかく充実しています。
天体観測ドームには,口径30cmの反射望遠鏡があり,分光器も取り付けられます。
午後は,各校顧問からの様々な分光観測の紹介や,
今回お出で頂いた文教大学の小倉先生から研究最前線のお話を聞きました。
その後,プラネタリウム投影があり,充実した交流会になりました。
また,このような機会があれば,ぜひ参加したいと思います。

                    研究発表の様子


         天体観測ドームと口径30cmの反射望遠鏡(うらやましい・・・)
12:12