メニュー

全日制
校長のことば学校紹介学習活動進路指導学校生活説明会・公開授業図書館のページ保健室より
SGH浦高Topics年間行事定時制保護者・卒業生へアクセス事務室より中学生の皆さんへ浦高アルバム学校自己評価・人事応募・報告書等教科書選定理由書・いじめ防止基本方針学校の活性化・特色化方針

浦高ホームページ内検索

カウンタ

access3778546hit
 since 2012/04/01
SGH関係連絡
平成27年度SGH報告書

SGH活動報告のページをご覧ください。
 

リンク


埼玉県立浦和高校 同窓会HP


 姉妹校 whitgift校(英国)
(ウィットギフト校HP)



スーパーグローバルハイスクール
公式ページ


ラグビー部事故受傷者を支える会
(同窓会HP内)

県公立高校へのリンク


埼玉県教育委員会



埼玉県薬務課


埼玉県生徒指導課


埼玉県総務課「学力の向上」ページ

各ページ内の記事・写真・その他著作物の無断転用を禁じます。
Copyright 2017 Urawa High School. All rights are reserved.
since2012.4 webmaster:yuta nozawa/makoto kurihara
 

埼玉県立浦和高等学校校長   杉山 剛士

 

           

  今、世界では、厳しいグローバル社会を生きぬきつつも、その先の社会を支える共生の価値観を創造し、新たな時代を構築していく人材が求められています。

 その、新たな時代を切り拓くのは、どんな人材なのか。また、そのためには、どのような高校教育が望ましいのか。

 浦高は、校訓である「尚文昌武」をはじめ、これまでの歴史と伝統の中で培ってきた下記の言葉を大切にしながら、「守(1年)・破(2年)・離(3年)」の段階的な教育により、「自走する生徒集団づくり」をとおして、新しい時代が求めるリーダーの育成を目指し続けています。

 私たちは、今後とも、生徒の未来のために、限りなき情熱を傾け、日々の教育活動に邁進してまいります。教育の王道を歩みながらも、常に進化し続ける浦高へのご支援ご協力をよろしくお願いいたします。 

 ■尚文昌武(文を尊び武を盛んにする)

 ■世界のどこかを支える人間になれ

 ■少なくとも三兎(勉強・部活・行事)を追え

 ■無理難題に挑戦しろ

 

校長講話

校長講話 >> 記事詳細

2017/12/03

佐藤優さんからのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by:sugiyama

 12月2日(土)、本校30回卒業で作家の佐藤優さんを本校にお招きし、PTA対象の講演会が行われました。「不確実性な時代を生き抜くために知っておくべき事~受験は総合プロデデュース力~」という演題で、幅広い情報と教養、深い洞察力がつまった、あっという間の80分間でした。
 浦高教育には「OS(operating system)」が予見的に仕組まれており、それを身に付けることによりどんな人生も生き抜いていくことができる。そのことが今とても重要だという話に、改めて勇気づけられた保護者の皆さんも多かったのではないでしょうか。

 佐藤さんは2年前にも、生徒対象の麗和セミナーで語っていただきましたが、講演後校長室に寄っていただき、改めて浦高生へのメッセージを書いてもらいました。
 佐藤さんは「何を書こうかな」とじっと考えられ、色紙と芳名録のそれぞれに違った言葉を書いていただきました。「不可能の‥」の言葉はスイスの神学者カール・バルトの言葉だそうです。
 素晴らしい時間を共有できたことを感謝します。




 
15:27