メニュー

全日制
校長のことば学校紹介学習活動進路指導学校生活説明会・公開授業図書館のページ保健室より
SGH浦高Topics年間行事定時制保護者・卒業生へアクセス事務室より中学生の皆さんへ浦高アルバム学校自己評価・人事応募・報告書等教科書選定理由書・いじめ防止基本方針学校の活性化・特色化方針

浦高ホームページ内検索

カウンタ

access3284622hit
 since 2012/04/01

所在地

330-9330 
さいたま市浦和区領家5-3-3      
Tel:048-886-3000     
Fax:048-885-4647 
地図を表示する  
 
SGH関係連絡
平成27年度SGH報告書

SGH活動報告のページをご覧ください。
 

リンク


埼玉県立浦和高校 同窓会HP


 姉妹校 whitgift校(英国)
(ウィットギフト校HP)



スーパーグローバルハイスクール
公式ページ


ラグビー部事故受傷者を支える会
(同窓会HP内)

県公立高校へのリンク


埼玉県教育委員会



埼玉県薬務課


埼玉県生徒指導課


埼玉県総務課「学力の向上」ページ

各ページ内の記事・写真・その他著作物の無断転用を禁じます。
Copyright 2017 Urawa High School. All rights are reserved.
since2012.4 webmaster:yuta nozawa/makoto kurihara
 
高大連携ボーイングプログラム
このプロジェクトは、ボーイング社が世界的に展開して行っている教育プログラムを、東京大学が「世界の将来を担うべき優れた科学者・エンジニア」を育成する事業として共同で実施しているもので、高大連携プログラムとして浦和高校や浦和第一女子高校と行うこととなりました。

2013年8月  第1回 「未来の飛行機を設計する」
2014年3月  第2回 「河川について」
2014年7月  第3回 「多様な文化を体験しよう-食を通じて-」
2015年3月  第4回 「情報 ビックデータを扱う」
2015年8月  第5回 「未来の飛行機を設計する」
 
第1回ボーイングプログラムの様子
 8月2日に東京大学とボーイング社と浦和高校による、高大連携ボーイングプログラムが行われました。
プログラムの様子は、東京大学工学部によるページでもご覧いただけます。
 
 このプロジェクトは、ボーイング社が世界的に展開して行っている教育プログラムを、東京大学が「世界の将来を担うべき優れた科学者・エンジニア」を育成する事業として共同で実施しているもので、高大連携プログラムとして浦和高校と行うこととなりました。
7月19日にこのプログラムの趣旨や生徒へ期待することなどの事前指導が行われ、8月2日の当日は、大きく分けると次のようなスケジュールで行われ、浦高生39名が参加しました。
 1 シアトルにあるボーイング社とのライブ中継による英語での質疑応答
 2 見学班A~Dに分かれて4つの研究室の見学(各班で研究内容の調査)
 3 見学班A~Dに分かれて調査内容のまとめ
  未来の飛行機のコンセプトおよびデザインを考えるうえで、必要な事項について質問し調査し、実験の目的や分かったことを考察する。
 4 デザイン班(見学班A~Dのメンバーが最低1名以上いるように班分け)に分かれて、未来の飛行機をデザイン
 5 デザイン班ごとに未来の飛行機を発表
 6 東京大学工学部 鈴木真二先生による総評とまとめ


 
 

第2回ボーイングプログラムの様子
今回で二回目となり、浦高生44名、一女生15名の計59名が参加しました。
今回は東大工学部の知花先生のご協力のもと「河川工学」がテーマとなり、理科だけでなく地理や日本史なども取り入れながら、講義・ディスカッション・フィールドワークと盛りだくさんの一日となりました。

プログラムの様子は、東京大学工学部によるページでもご覧いただけます。
 
本日の内容
1.講義「河川に関わる地理 『川に関わる地理と歴史を学べば、国土が分かり旅も楽しくなる』」
2.講義「河川に関わる物理と生物 『川に関わる物理と生物を学べば、いきものが喜ぶ川の姿が見えてくる』」
3.グループ別活動
 ・八ツ場ダム建設についての議論(グループごとに賛成派・反対派に分かれる)
 ・水路実験で川の成り立ちを見る(研究室見学)
 ・河川に関わる海外プロジェクトについて英語で話し合う
 ・現役東大生・東大院生との会話
(1~3までは東大工学部で行う)
(移動)
4.荒川下流域見学会(赤羽岩淵~荒川~岩淵水門までを歩く)
5.荒川下流事務所にて、八ツ場ダムについての話し合いの報告と議論
 
 

第3回ボーイングプログラムの様子
7月23日に浦和第一女子高校にて、第3回ボーイングプログラムが実施されました。
このプロジェクトは、ボーイング社が世界的に展開して行っている教育プログラムを、東京大学が「世界の将来を担うべき優れた科学者・エンジニア」を育成する事業として共同で実施しているもので、高大連携プログラムとして浦和高校や浦和第一女子高校と行うこととなりました。

過去のプログラムの様子は、東京大学工学部によるページでもご覧いただけます。

今回のテーマは「多様な文化を体験しよう-食を通じて-」でした。
浦和高校からは15名、浦和第一女子高校からは9名が参加しました。
 
日本の麺文化の一つであるうどんの歴史背景等の紹介のあと、4種類のうどんを作り、それらの文化の違いなどを学びました。また、留学生とも交流し、英語のポスター作成やポスタープレゼンテーションなども行いました。
 
第4回ボーイングプログラムの様子
3月30日(月)に、東京大学にて第4回ボーイングプログラムが行われ、浦高生16名浦和一女生11名が参加しました。

今回のテーマは「情報」。
ビッグデータをどう扱うか、というもので、事前にGPSで記録してあった一女生の遠足、浦高生の修学旅行の班別学習での班ごとの動きをもとに、浦高生・一女生の混合チーム7班が分析し、それぞれの結果を発表することが最終課題となりました。
 
 
 

第5回ボーイングプログラムの様子

今回は本校からの10名のほか、浦和一女、川越、川越女子、大宮の各校からも参加しました。

 
午前中は鈴木真二教授による講義のあと、川崎重工からボーイング社(米国シアトル)に出向中の航空宇宙工学科OBSkypeを介した講義と質疑応答(質問は事前課題として各生徒がメールで提出)を行いました。
 
その後、昼休みをはさんで航空宇宙工学科の4研究室(機体構造・空気力学・制御・エンジン)を1グループにつき2つ訪問しました。

午後はジグソー法的手法で「未来の航空機」についてグループで話し合い、ポスターによるプレゼンテーションをコンテスト形式で行いました。
 
各グループは異なる高校から男女混成で構成され、午前の講義や研究室訪問で学んだ内容をもとに生徒間で活発な議論が行われていました。
 また、各グループには大学院生も付き、適宜アドバイスを与えてもらったようです。
 
1日を通して、非常に充実した内容で参加した生徒の知的満足度は高かったのではなかったのでしょうか。