メニュー

全日制
校長のことば学校紹介学習活動進路指導学校生活説明会・公開授業図書館のページ保健室より
SGH浦高Topics年間行事定時制保護者・卒業生へアクセス事務室より中学生の皆さんへ浦高アルバム学校自己評価・人事応募・報告書等教科書選定理由書・いじめ防止基本方針学校の活性化・特色化方針

浦高ホームページ内検索

カウンタ

access3143887hit
 since 2012/04/01

所在地

330-9330 
さいたま市浦和区領家5-3-3      
Tel:048-886-3000     
Fax:048-885-4647 
地図を表示する  
 
SGH関係連絡
平成27年度SGH報告書

SGH活動報告のページをご覧ください。
 

リンク


埼玉県立浦和高校 同窓会HP


 姉妹校 whitgift校(英国)
(ウィットギフト校HP)



スーパーグローバルハイスクール
公式ページ


ラグビー部事故受傷者を支える会
(同窓会HP内)

県公立高校へのリンク


埼玉県教育委員会



埼玉県薬務課


埼玉県生徒指導課


埼玉県総務課「学力の向上」ページ

各ページ内の記事・写真・その他著作物の無断転用を禁じます。
Copyright 2017 Urawa High School. All rights are reserved.
since2012.4 webmaster:yuta nozawa/makoto kurihara
 

歴史研究部

部員数
3人

活動時間
不定期(主に歴研新聞発行前や文化祭前)
コメント
現在、歴史研究部は2年生3名で活動しております。
歴研では、各々が自ら調べたい事柄について調査・研究し、校内にて毎学期二号ずつ発行される「歴研新聞」や後述する「ふるさと」にその研究内容を載せていきます。
文化祭では、毎年テーマを決めてそのテーマについて部員それぞれが論文を作成し、その論文を集めた冊子「ふるさと」を来場者に無料配布します。今年度の文化祭では、中世をテーマにした「ふるさと」最新号の配布の他、部員の講義や過去のふるさとの展示を行いました。
浦高歴史研究部にはそれ自体に長い歴史と伝統があります。先輩方が作り上げてきた伝統を守りつつ、今後は歴研の更なる飛躍のために、様々な試みを行う予定です。皆様、伝統と革新の歴史研究部をこれからもよろしくお願いいたします。
 

日誌

歴史研究部 活動報告
2015/06/15

歴史研究部 研修旅行in箱根

Tweet ThisSend to Facebook | by:nozawa

/()に歴史研究部は箱根へ研修旅行に行きました。春に入った一年の部員にとっては初の研修旅行となります。また、この時はまだ箱根山の火山活動について大きな話題になる前だったので、平穏に観光することが出来ました。

 

主な目的は東海道ウォーク。登山道のような旧街道をひたすら歩いていきます。
 

だいぶ標高が高くなってきたところで、江戸時代から続く「甘酒茶屋」に入りほっと一息。

 
最後は東海道の要所であった箱根関所を見学し、帰途につきました。

 

東海道を自分の足で歩くことで、昔の人の苦労を身にしみて感じることが出来ました。

今回も有意義な時間を過ごすことが出来て良かったです。

 

なお現在、私達歴研は浦高祭に向けて部員一同団結して頑張っています。浦高祭にお越しの際は、ぜひ歴研の教室に遊びに来てください。待ってます!



16:45
2015/05/01

歴史研究部  研修旅行in富士山麓

Tweet ThisSend to Facebook | by:nozawa

/()〜5()に歴史研究部は富士山麓へ研修旅行に行きました。

2013年に世界遺産に登録された富士山。今回はその構成資産を主として巡りました。


1日目は河口湖や忍野八海などに行きました。富士山の水はどこまでも澄んでいます。
 
泊まったのは民宿「筒屋」。たくさんの貴重な体験をさせていただきました。
 

2日目は、富士山四合目や船津胎内樹型に行ったりおし街のガイドツアーに参加したりしました。

 
 

2日間を通して、富士山信仰の歴史を肌で感じることが出来ました。

有意義な時間を過ごすことが出来て良かったです。

 

なお、次回の研修旅行からは新入生も参加する予定です。

これからも歴史研究部をよろしくお願いします。




15:48
2015/02/03

歴史研究部 研修旅行in鎌倉

Tweet ThisSend to Facebook | by:nozawa
1月3日(土)に歴史研究部は鎌倉へ研修旅行に行きました。
 
鶴岡八幡宮での初詣に始まり、国宝円覚寺舎利殿の特別公開の見学、切通散策など、盛りだくさんの日程でした。天気が良かったので世界遺産富士山も拝むことが出来ました。







今回の研修の経験をもとに次号の歴研新聞は鎌倉特別号として発行する予定です。
これからも歴史研究部をよろしくお願いします。

14:16