メニュー

全日制
校長のことば学校紹介学習活動進路指導学校生活説明会・公開授業図書館のページ保健室より
SGH浦高Topics年間行事定時制保護者・卒業生へアクセス事務室より中学生の皆さんへ浦高アルバム学校自己評価・人事応募・報告書等教科書選定理由書・いじめ防止基本方針学校の活性化・特色化方針

浦高ホームページ内検索

カウンタ

access3512583hit
 since 2012/04/01
SGH関係連絡
平成27年度SGH報告書

SGH活動報告のページをご覧ください。
 

リンク


埼玉県立浦和高校 同窓会HP


 姉妹校 whitgift校(英国)
(ウィットギフト校HP)



スーパーグローバルハイスクール
公式ページ


ラグビー部事故受傷者を支える会
(同窓会HP内)

県公立高校へのリンク


埼玉県教育委員会



埼玉県薬務課


埼玉県生徒指導課


埼玉県総務課「学力の向上」ページ

各ページ内の記事・写真・その他著作物の無断転用を禁じます。
Copyright 2017 Urawa High School. All rights are reserved.
since2012.4 webmaster:yuta nozawa/makoto kurihara
 

化学部

部員数
1年4名 2年4名 3年7名

活動時間

コメント

私達化学部は、毎週水曜日に活動しています。
 普段の活動は個人単位で、各自興味や疑問に思ったことなどを調べ、実験を行うといったことをしています。
また文化祭では、部員で演示実験を行い、見て、聴いて、触って楽しむことができる実験で大勢の来場者を集めることができました。さらに口頭では説明ができない深い内容をまとめた部誌を配布しました。昨年十二月には地元の小学生のための実験体験教室を行い、たくさんの小学生に化学の面白さを知ってもらうことができ、今年も前回と同様に実験体験教室を実施する予定です。
 今年度は、期待の一年生が大勢入部してくれたので、さらに活動の幅を広げていきたいと思います
 

日誌

化学部 活動報告
2017/07/26

化学部 JAIMAサイエンススクール参加

Tweet ThisSend to Facebook | by:nozawa
7月21日(金)に、化学部の生徒6名が、一般社団法人日本分析機器工業会(JAIMA)の分析機器操作体験に参加してきました。
科学未来館で行われ、関東近県の高校生とともにいくつかの機器の操作体験と分析をしてきました。
写真はありませんが、以下生徒からの報告となります。

************************************************************************
電気泳動システム
・電気泳動システムについて

生体高分子(タンパク質・核酸など)を主にその分子量の差により分離分析する手法。ゲル電気泳動装置とキャピラリー電気泳動装置があるが、今回は主にゲル電気泳動装置を扱う。ゲル電気泳動装置はゲルを設置する泳動槽と、直流電流を安定的に供給する電源装置から構成され、泳動槽の両端に設置された陽極と陰極の間にゲルを設置して泳動を行う。電流はゲルを通って流れ、これにより水に溶解したタンパク質や核酸などの荷電分子はゲル中の網目構造をかいくぐりながら進むので分子量の大小により移動速度に違いが生じ、分子量による分離が行われる。

・体験内容
今回の体験では、電気泳動システムについての説明を受けた後、実際に電気泳動を行った。電気泳動ではゲル電気泳動装置を用いた。また、そのほかにも電気泳動によってどのような実験結果を得られるかを予想するクイズのようなものも行った。


免疫測定装置
・免疫測定装置について

抗原抗体反応を用いて血液中に含まれる微量物質を測定する。1台の装置の中に、試料、試薬の分注、免疫(抗原抗体)反応、反応生成物の定量測定の各工程が自動化され組み込まれている。

・体験内容
今回の体験では、免疫の仕組みや免疫測定装置についての説明を受けた後、実際に免疫測定装置で出た結果を用いてディスカッションを行った。今回は心疾患マーカーであるトロポニンTの定量測定を行った。ディスカッションでは、トロポニンTの値から、患者の心筋梗塞のリスクの有無について話し合った。


蛍光X線分析装置
・蛍光X線分析装置について

X線を物質に当てることによって発生する蛍光X線を測定することによって、物質の構成元素を測定する。

・体験内容
今回の体験では、装置についての説明を受けた後、実際に生徒の持っている物の構成元素を測定した。

感想
今回の体験では、普段では触れることのできないような専門的な機械を体験することができた。また、説明も企業からきた方々がしてくれたためとても分かりやすかった。特に、蛍光X線分析装置は興味深かった。実際に自分が持っている物の構成元素が分かるのはとても面白かった。電気泳動システムでは、実際にDNA鑑定がどのように行われているのか知ることができたので良かったと思う。免疫測定装置では、実際の医療現場に近いものを体験できたため、とても面白かった。今回体験できた装置は、どれも興味深いものだった。このような機械にかかわる仕事に携われるように、これからも勉強に励みたいと思う。


15:24
2015/08/28

化学部 公民館出張実験

Tweet ThisSend to Facebook | by:nozawa
8月20日にさいたま市内野公民館にて、出張小学生実験講座を行いました。
今回の実験内容は、「ムラサキキャベツによる染色と実験」でした。
また、今回の実験では、さいたま市の中学生5名がボランティアとして補助に入りました。
中学生と協力しながら小学生に教えるというところに苦戦していましたが、19名の小学生に理科を教えたり、実験や会話を楽しんでいました。
この実験にあたり、化学部の生徒は下処理や予備実験など夏休み中懸命に準備していたのが印象的でした。
「教える」という経験が、化学部の生徒たちをより成長させたのではないでしょうか。
 
 
09:44
2014/03/18

化学部 理化学研究所見学会

Tweet ThisSend to Facebook | by:nozawa
3月17日の午後に、化学部・生物部・物理部の希望者で和光市の理化学研究所の見学に行ってきました。
浦和高校独自の見学会ということもあり、生徒は自由に研究員の方々に質問できたようです。
 
 
前半は2班に分かれて、環境資源科学研究センターとイノベーション推進センターを、
後半は仁科加速器研究センターで超伝導リングサイクロトロンを見学しました。
超伝導リングサイクロトロンの大きさに生徒は驚いていました。
研究員の方とも色々話すことができ、探究心の大切さや研究内容についてなどを直接聞き、
刺激を受けたのではないでしょうか。
 


10:14
2014/01/16

化学部 小学生講座報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:nozawa
去る2013年12月21日に行われた小学生特別教室でおもしろ化学実験を行いました。
薬品を使ってナイロンを作る実験と浦高生による面白実験の演示が行われました。
液体だけでできるナイロンに、小学生は興奮していました。

演示実験では炎色反応や水素と酸素の爆鳴気などで小学生と楽しみました。
化学部の生徒も人前で話すことに緊張していましたが、小学生とともに楽しく実験ができたようです。

 

13:07
2012/01/18

小学生講座

Tweet ThisSend to Facebook | by:nozawa
昨年の12月24,25日に小学生のための冬休み特別講座が行われました。
化学部の生徒も授業を担当し,100人以上の小学生が集まりました。
大盛況のなか,無事終了し,小学生もお土産を持って満足した様子でした。


12:50